痩せない理由はホルモンバランスの崩れかも!?

きちんとカロリー計算をして、おまけに運動までしているのになぜか痩せない。
このような現象が起こったら、それはもしかすると、ホルモンバランスの崩れが災いして痩せにくい状態になっているのかもしれません。

女性ホルモンが痩せない原因になることがある!?

ご存じの通り、女性ホルモンはプロゲステロンとエストロゲンに分類され、それぞれに異なった役割を持っています。
それではここで、2種類の女性ホルモンの働きについて確認しておくことにしましょう。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

排卵後に卵巣から分泌されるホルモンで、精子がより着床しやすいように子宮内膜を厚くする作用を持っています。
つまり、プロゲステロンは妊娠と切っても切れない関係にある女性ホルモンということですが、分泌量が増えすぎてしまうと、ある困ったことが起こることがあります。
まず、プロゲステロンが増えすぎるとPMS(月経前症候群)が起こりやすくなりますので、情緒不安定になったり、必要以上にイライラしたりすることが多くなることが考えられます。
さらに、プロゲステロンには体内の水分保持作用がありますので、このホルモンが増えすぎてしまうと、ダイエットや運動をしてもなかなか体重が落ちないという現象が起こることがあります。

エストロゲン(卵胞ホルモン)

この女性ホルモンもまた、精子の着床を促す頸管粘液の分泌を促す作用がありますので、妊娠に必要なホルモンであることがわかります。
また、エストロゲンには美しい髪の生成や女性らしい体つきの形成などのほか、脂質の代謝を促す働きもあります。
つまり、痩せる体質になるためにはエストロゲンの正常な分泌が必要になるということです。

2種類の女性ホルモンは、妊娠をしていない平常時であればバランス良く分泌されることが多く、体重や体脂肪への影響はほとんどありません。
ところが、生理前や妊娠、加齢などによって分泌量のバランスが崩れてしまうと、太りやすい体質になることがあります。
中年太りという言葉がありますが、これは加齢によってホルモンバランスに崩れが生じ、食事量が多いわけでもないのに太りやすくなる状態を示しています。

どうすれば女性ホルモンのバランスが保たれるの?

ホルモン分泌は、脳の視床下部という部分からの指令を受けて、各器官から分泌されます。
そのため、ストレスや睡眠不足などによって脳の働きが鈍ると、必然的に女性ホルモンの分泌量が減ります。
つまり、なるべくストレスを溜めない工夫や十分な睡眠時間をとることが、女性ホルモンの調整に役立つということです。そして、女性ホルモンの分泌量を調整するためには、食事からバランス良く栄養素を摂取することも大切です。
特に、大豆イソフラボンはエストロゲンと同じような働きをするといわれていますので、女性ホルモンの調整に役立つと考えられていますので、なるべく積極的な摂取を心がけてみると良いでしょう。

また、浮腫みが気になるときにはカリウムの摂取が効果的ですので、生理前の排卵によるむくみが現れたときには、パナナやアボカドなど、カリウムを多く含む食品を摂取してみると良いでしょう。
近年では、ダイエットによってホルモンバランスを崩す女性が増えているといいますが、これは、身体が飢餓状態になったことによって視床下部がホルモン分泌を一時的にストップさせることによって起こります。
理想のプロポーションづくりのためにはダイエットが必要不可欠な要素ではありますが、無理なダイエットでホルモンバランス崩してしまったのでは元も子もありません。
ダイエットをするのであれば、できる限り栄養バランスが整った低カロリー食で実践することが大切です。

ダイエットに成功しやすいのはこの時期です

生理前の排卵前後にはプロゲステロンの分泌量が増えますので、身体が水分を蓄えやすい状態になり、痩せにくい時期です。
つまり、この時期はダイエットの成果が現れにくいということです。
ということは、この時期さえ外せば、残りの時期にはダイエットの成果が現れやすいということになりますね。
具体的には、生理終了から約1週間続く卵胞期が、最もダイエット効果が現れやすい時期です。この時期にはエストロゲンの分泌量が増えますので、まさに、ダイエットに最も適した時期だと捉えることができます。
卵胞期は1か月の中でも最も皮下脂肪が燃焼されやすい時期ですので、ダイエットとともに適度な有酸素運動を取り入れれば、代謝アップ効果と脂肪燃焼効果を期待することができます。

ダイエットや運動をしてもなかなか痩せないという方は、ホルモンバランスの崩れが影響している可能性もありますが、ダイエットを行う時期を間違えている可能性も考えられます。
ホルモンバランスを調整する努力を行った上でなかなか痩せないのであれば、生理直後から訪れる卵胞気に合わせてダイエットや運動を行ってみてはいかがでしょうか。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る